Nanapapaの耳活&タイ移住日記

忙しいビジネスパーソンでもサクッと読める学びを毎日ご紹介します!

【書評】『大好きなことをやって生きよう!』


 

 

こんにちは、Nanapapaです。

 

今日は、最近、audiobookで聴いた本を紹介します。

 

本田健著『大好きなことをやって生きよう!』(フォレスト出版)です。

 

◾️目次

  • 本書の内容・著者紹介
  • 自己紹介
  • 本書から得た学び
  • To Do(今後、実践すべきこと)
  • 最後に

 

◾️本書の内容・著者紹介

本書の内容・著者紹介は、以下の通りです。

(以下は、Amazonから引用させて頂きました。)

 

●本書の内容

大好きなことをやって楽しく生きるのに、「お金」「才能」「時間」「自信」「勇気」はいらない!眠っている才能を見つけて、育てて、活かせば、お金はあとからついてくる。

 

●著者略歴

本田/健
神戸生まれ。経営コンサルティング会社、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」。独自の経営アドバイスで、今までに多くのベンチャービジネスの成功者を育ててきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

◾️自己紹介

あらためまして、こんにちは。Nanapapaです。

みなさん、大好きなことをやって生きていますか?

 

私は、現在、タイにある企業で人事総務副部長をしています。

 

子供の頃の将来の夢は「博士になること」。

学生時代の夢は「弁護士」でした。弁護士を目指した理由は、中学の時の塾の先生が慶應大学の法学部生で、たまに大学での授業のことを話してくれて興味を持ったのと、人を助ける仕事がしたかったからです。

 

そんな私が、今は、総務の仕事をしていますが、総務の仕事は嫌いではないですし、どちらかと言うと、自分には合っていると思います。

 

しかし、今の仕事が「『大好きな』ことか?」と聞かれると、答えは「No」です。

 

大好きなことをやって生きられ、なおかつお金を稼ぐことができたとしたら、どんなに素晴らしいことか、と思います。

他方、大好きなことをやって生きていくことなんて出来るのだろうか?という疑問が頭を離れません。

 

そこで、本書『大好きなことをやって生きよう!』を読んでみたいと思いました。

 

◾️本書から得た学び

本書から得た学びは、以下の通りです。

●朝の時間の使い方

・朝の使い方で分かるあなたの今。
・貧富の差より、朝の時間の使い方のクオリティの差の方が重要。
・時間は自ら作るもの。

 

●大好きなことをやらない理由

・まだ好きな事をしてはいけないと思い込んでいる。
・好きなことでは生活が成り立たないと思い込んでいる。
・自分には才能がないと思っている。
・お金がないから好きなことができないと思っている。

上記は全て思い込みで、好きな事をやると、経済的に豊かになるし、健康にもなる。

 

●大好きなこととは?

・時間があるとついやってしまうこと。

・お金を払ってでもやりたいこと。

・365日やっても飽きないこと。

 

●どうやって見つけるの?

・自分の才能の原型を掛け算する
・ライフワークという考う方

 

●どうやってやるの?

・「どこまでやりたかいか?」により取り組み方が異なる。
・大好きなことをする人の多くが途中でやめてしまうか、はじめから諦めている。
・ワクワクするのは仕事の内容ではなく、貴方の心次第。

・恐れはワクワクの裏返し。少しリスクあることから始めてみる。
・夢を実現できてない人は、そもそも夢を具体化できていない。「作家になりたい」だけではだめで、いつまでに、どうやって、どのレベルまで達したいのか、夢を具体的に描く。

 

●メンターのすすめ

・メンターをつけるのがオススメ。

・メンターの条件は、幸せな人、感情的なバランスが取れている人、失敗経験のない人はダメ、社会的成功は条件にしないこと。
・メンター探しの際は、目的地の前に現在地を見る。何を学ぶ必要があるのかを正確に知る。たえず行動する、小さく始める。
・メンターに学ぶべきことは、人生とは何か。幸せを捉える感性。人との付き合い方。ライフワーク。とは。日常的行動について。

 

●失敗する人の特徴

・失敗知る人は、お金を貰うことに抵抗を感じている・貰い下手。価格設定の謝り。プレゼンテーションが下手。傲慢さなどが原因。

 

●大好きなことで成功する7つのステージ

・第一ステージ:自分の「能力を発見」する。

・第二ステージ:発見した「能力を開発」する。

・第三ステージ:優れた師匠・組織で「修行」する。

・第四ステージ:師匠・組織から「独立」する。

・第五ステージ:自分の「独自性」を出す。

・第六ステージ:自分を「ブランド化」する。

・第七ステージ:「業界トップ」の存在になる。

上記のどこまでやりたかいか?により、その後の取り組み方が異なる。

 

●大好きなこで成功する為のモチベーション

①そのこと自体が好きで楽しい

②よい人間関係

スキルアップになる

④誰の役に立つ

⑤報酬(お金)

ポイント:お金は最後に位置づける。お金は後からついてくるもの。

 

◾️To Do(今後、実践すべきこと)

  • 大好きなことを再確認する
  • 朝の時間を有益に使う
  • メンターを探す

 

◾️最後に

本田健さんだけでなく、堀江貴文さん、心屋仁之助さんなども、好きなことをやって生きていくことを推奨されています。

 

「そんなこと出来るわけないじゃん」とか「自分には才能がない」「お金がないから出来ない」と言った、思い込みや言い訳を捨て、本書を信じて努力・実践する方は、数年後に大きな成功を収めているのではないか、と思いました。

 

自分の能力に限界線を引くのも自分次第ですし、自分を信じて成功を掴むのもまた自分次第です。

 

まずは小さなリスクを少しずつ取っていきながら、どうか貴方らしい人生を歩んで行ってください。

 

本日、紹介した内容の中から「自分も取り入れてみようかな」と思ったものが1つでもありましたら幸いです。ぜひ試して見みてください。

 

また、興味を持たれた方は、実際に本書を聴いて(読んで)みてください。

audiobookの聞き放題プランを30日無料でお試しできます。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

 

ご精読ありがとうございました。