Nanapapaの耳活&タイ移住日記

忙しいビジネスパーソンでもサクッと読める学びを毎日ご紹介します!

【書評】「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書


 

 

こんにちは、Nanapapaです。

今日は、最近、audiobookで聴いた本を紹介します。

西岡 壱誠著『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』(東洋経済新報社)です。

 

目次

 


 本書の内容・著者紹介

本書の内容・著者紹介は、以下の通りです。

(以下は、Amazonから引用させて頂きました。)

 

本書の内容

「東大読書」で鍛えられる5つの力
東大生はなぜ自然に「能動的な読書」ができているのか?

それは「地頭力」と「読み込む力」があるから。本書では、この2つの力を支える「読解力」「論理的思考力」「要約力」「客観的思考力」「応用力」を鍛えられます。普段の読書だけでなく、ビジネスや勉強にも役立つメソッドが満載です。

 

 著者略歴

 西岡 壱誠
東京大学3年生。歴代東大合格者ゼロの無名校のビリ(元偏差値35)だったが、東大受験を決意。あえなく2浪が決まった崖っぷちの状況で「『読む力』と『地頭力』を身につける読み方」を実践した結果、みるみる成績が向上し、東大模試全国第4位を獲得。東大にも無事に合格した。
現在は家庭教師として教え子に 「『読む力』と『地頭力』を身につける読み方」 をレクチャーする傍ら、 1973年創刊の学内書評誌「ひろば」の編集長も務める。また、人気漫画『ドラゴン桜2』(講談社)に情報提供を行なう「ドラゴン桜2 東大生チーム『東龍門』」のプロジェクトリーダーを務め、受験や学習全般に関してさまざまな調査・情報提供を行っている。
著書に『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』『読むだけで点数が上がる!東大生が教えるずるいテスト術』(ともにダイヤモンド社)、『現役東大生が教える 東大のへんな問題 解き方のコツ』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。


本書から学んだこと

本書から学んだことは、以下の通りです。

 

・読書とは、本と、とことん議論すること、能動的に読書をすることが重要。

 

いきなり本を読み始めない

・読む前に、本のカバーや帯を見て、本の内容について仮説作りを行う。これを装丁読みと言う。

 

・思いついたことを付箋に書いて、本の見返しに張る。後で繰り返し見直す、一章ごとに見直す。わざわざ付箋に書く必要はないのではないか?と思うかもしれないが、書く事で記憶に残るし、後から見直ことができる。

 

・仮説作りは、完璧でなくて良いので、頭の中で大まかに地図を描く。そして、ゴールや学びたい事を紙や付箋に書く。

 

・目次を見ながら道筋をまとめる。仮説と違うところが出たら、仮説を修正する。

 

・仮説を立てるときのコツは、言葉を「分ける」「繋げる」「深読みする」。

 

東大読書のポイント

「取材読み」・・・読者ではなく、記者になったつもりで読む。

 

「質問読み」・・・質問読みで、情報を知識に変える。情報を鵜呑みにしない。

質問になる部分を探して、付箋をはる。回答箇所にも付箋をはる。線も引くとよい。

重要な内容はさらにノートに書き写す。

 

*よい質問とは、はじめの部分に書いてることが多い。もしくは、結論が別れる箇所や、複数の回答が考え得る箇所から良い質問を探す。

*質問は読解力を養うのに対して、疑問は思考力を養う。

 

「追求読み」・・・読書中に「本当?なぜ?」を繰り返すし、メモや付箋に書く。

 

「要約読み」・・・読書した内容を、マクロな視点でまとめる。「しかし」の後に言いたいこと、ポイントが書いてあることが多い。

 

「検証読み」・・・2冊の本を同時に読むと、長期記憶に残る。検証読みをすると、複数の視点で考えるので、考える力が身につく。文章を噛み砕いて読む。

「パラレル読み」と「クロス読み」・・・パラレル読みは、2冊の本の中で同じ内容が書いてある箇所を探す。ウォーリーを探せと同じ要領。クロス読みは、交錯ポイントや議論が分かれる点を探す。共通点と相違点を付箋に書いて貼る、色変えてマーキングする。


「議論読み」・・・仮説の結論を検証する。要約読みの内容を更に超要約する。自分なりの結論・感想を書く。

 

選書の方法

・何を読めばよいか迷ったら、ベストセラーを読むのがお薦め(安定感あり、ハズレなし)。

・その他、ネットや友人などで自分が信頼できると思った人のおススメ。

・古典もおススメ。

 

・著者のお薦めは、

 デービッド・アトキンソン著『新・観光立国論』(東洋経済新報社

 

 坂口安吾著『堕落論』(集英社文庫) *青空文庫でも無料で読めます。

堕落論 (集英社文庫)

堕落論 (集英社文庫)

  • 作者:坂口 安吾
  • 発売日: 1990/11/20
  • メディア: 文庫
 

 

・どんなジャンルの本を読むか、「一年のテーマ」を決める。

・たまには読まず嫌いな本も読む。


今後、実践したいこと(3つ)

本書で学んだことから、今後、以下の3つを実践したいと思います。

①本を読む前に「装丁読み」を行う

②2冊の本を同時に「検証読み」を行う

③古典を読む

 

最後に

 本日、紹介した内容の中から、参考になった点がが1つでもありましたら幸いです。

また、興味を持たれた方は、実際に本書を聴いて(読んで)みてください。

audiobookの聞き放題プランを30日無料でお試しできます。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

 

ご精読ありがとうございました。