Nanapapaの耳活&タイ移住日記

毎日、日々の気になったことを、ポジティブに書きたいと思います。

森岡 毅著「苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」」オーディオブックで聴いたところ・・・

 

こんにちは、オーディオ研究家のNanapapaです。

 

今回は、森岡 毅著「苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」」の感想です。宜しくお願いします

 

著者の森岡さんは、元P&G社員→転職して、経営が傾きかけていたUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)を立て直し、今は起業家として自身のビジネスをやられています。

 

本書は実は、出版用に書かれたものではなく、ご自身の娘さんに向けて書かれた個人的なメモだったそうです。

それを、たまたま別件の執筆で催促に来た出版社の方が目にし、書籍として日の目を見ることになりました。

17万部突破のベストセラー(2022年9月時点)になったのでよしとすべきか!?娘さんの立場だったら「私への手紙を勝手に公にださないでよー」なのか!?が若干、気になるところですが、以下に心に響いたフレーズを独断と偏見でメモしましたので、ご紹介します。

 

◾️父から娘に送られた、森岡流キャリア論

・娘さんのために、本一冊分の分量の日記(メモ)を書き留めるなんて、なんて素敵なお父さん!(私の感想です)

 

◾️パースペクティブの差
・あなたのパースペクティブは、資本家?それともサラリーマン?
・日本には、昭和の高度経済成長きの悪習が今も残っている

 

◾️年収
・職業で決まる
・3つのドライバー
 →職能価値、業界構造、成功度合い
・年収期待値の上下限を知る
 →それでも情熱を持てる仕事を探す
・職能のステップアップも可能
 →例えば、フランチャイズ
・成功→お金の順番○(お金→成功の順番✖︎)

 

◾️持たない人が持てるようになるには?
・欲の強さは正義
・本当にぶち抜けたいなら、資本家になるしかない

 

◾️株を買う
・オーナーになるということ

   →ベゾスや孫さんがあなたの部下に

・日本社会は株式投資に臆病
・株を分けてもらえるお誘い
 →どうしたら来るか?
 →職能磨く、市場価値上げる、成果を出す

 

◾️起業
・「リスク」ではない

・「自由」を得られる

「自分にあったパースペクティブ

 

◾️成長する会社とは
・コアコンピテンシーがある
・持続可能か?
・例えば、参入障壁、法規制、無形資産

 

◾️自分の強みを見つける
・将来どうありたい?どうなったらハッピー?
・目的から考える
・逆算して考える
・好きが強みになる

・T、C、Lを磨く

f:id:Nanapapa211:20220922190747j:image

 

◾️マイブランド

f:id:Nanapapa211:20220922190823j:image
ブランド・エクイティ、ピラミッドを作る
マイブランドの通りに実行する
・目的から逆算して考える
・whoにあった戦略を
・尖りすぎて「イロモノ」にならない様に

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。